マガジンのカバー画像

AIKO SciLingual Forum

41
弊社独自開発の医薬・医学特化のAI翻訳サービス「AIKO SciLingual」を中心にAI 翻訳・生成AIについて情報発信いたします。
運営しているクリエイター

記事一覧

【4/16(火)】 ChatGPTのGood Prompting Practices【アンコール講演】

本セミナーでは、医薬品開発や医学研究での利用を想定した効果的なプロンプトの作成方法に焦点を当てます。プロンプトに何を書くべきか、何を避けるべきか。さらに、いつでも使える定番フォーマットや、誤出力を防ぐテクニックも紹介します。 本セミナーが皆様にとって、ChatGPTの仕組みを最大限に生かしたプロンプト記法を身につけていただくことの一助となり、皆様の業務効率化に寄与することができれば幸いです。 ※ 2024年2月14日(水)に開催しましたWebinarと同内容での開催です。

第8回AAMTセミナー「AAMT若手翻訳研究会」にてASCAメンバーが発表を行いました!

このたび2024年3月22日(金)に開催されました、第8回AAMTセミナー「AAMT若手翻訳研究会」にて、ASCAメンバーの古谷 慶之が発表を行いました! 発表概要発表者 共同研究者 AAMTとは?ASCAへのお問い合わせはこちら

文書特化型AI翻訳エンジンを使う効果とは?

産業翻訳ではAI翻訳を活用した翻訳プロセスの構築とツールの導入が一般的になっています。 株式会社アスカコーポレーションでは、独自開発の医薬特化のAI翻訳エンジン「SciLingual」を活用し、翻訳の生産性と品質を向上に取り組んでいます。 文書特化型AI翻訳エンジンの必要性医学・医薬分野の翻訳は高度な専門性が求められ、語彙の特殊性や構文の複雑さ、正確性の要求品質が高いことが特徴です。 AI翻訳エンジンのドメインアダプテーションやカスタムAI翻訳エンジンを用いて、専門領域に特

AI翻訳で翻訳工数を4割削減した取り組みが日経XTRENDに掲載されました!

3月1日付の日経XTRENDにて、第18回AAMT長尾賞を受賞しました中外製薬株式会社様と弊社アスカコーポレーション(以下、ASCA)の共同の取り組みが掲載されましたのでご紹介いたします。 記事リンクお問合せ下記お問合せフォーム・メールアドレスよりお気軽にお問合せください。 ASCAのAIソリューション医学・医薬に特化したAI翻訳プラットフォーム「AIKO SciLingual」

【~3月18日まで無料!】テンプレートを用いた情報の整理と論文アウトライン作成

羊土社より現在発売中の 『スマホで読める実験医学』3月号(2024年02月20日発行号)に、 タシケント工科大学 西山 聖久教授と、橘 尚子(アスカコーポレーション)が共同で執筆した記事が掲載されました。 AI時代の高速・高品質な論文執筆の方法を3回のシリーズを通して解説します。 こちらの記事については、なんと3月18日(月)まで無料で閲覧が可能。 下記URLより購読いただけます。この機会にぜひご覧くださいませ! ※購読には羊土社会員への登録が必要です。

【2/14(水)】ChatGPTのGood Prompting Practices【Webinar】

本セミナーでは、医薬品開発や医学研究での利用を想定した効果的なプロンプトの作成方法に焦点を当てます。プロンプトに何を書くべきか、何を避けるべきか。さらに、いつでも使える定番フォーマットや、誤出力を防ぐテクニックも紹介します。 本セミナーが皆様にとって、ChatGPTの仕組みを最大限に生かしたプロンプト記法を身につけていただくことの一助となり、皆様の業務効率化に寄与することができれば幸いです。 開催概要日時:2023年2月14日(水) 13:30-14:30 場所:Zoom

AI翻訳を活用し、納期を40%短縮

新薬のグローバル開発を迅速化する中で、日本語から英語へ、またはその逆への翻訳フローがボトルネックになることがあります。株式会社アスカコーポレーション(以下、ASCA)では、お客様の医薬品開発を加速するために、AI翻訳など最先端技術の開発に取り組むと同時に、既存の技術と組み合わせることにより、納期短縮と精度向上を目指しております。 本記事では、その一例として2022年のAIKO SciLingual Webinar「AI翻訳を取り入れたプロトコールの翻訳プロセスと効果~医薬・医

【2/13(火)】大規模言語モデルの仕組みと翻訳新時代【アンコール講演】

大規模言語モデル(LLM)の登場は多くの業界に衝撃を与えました。LLMによって翻訳作業をすることもできますが、現状のLLMは完璧ではありません。LLMの仕組みや特徴を知ることは、AIを上手に活用しながら共存していくための第一歩です。 本Webinarでは、東京工業大学理工学院教授、言語処理学会理事の岡崎直観氏を迎え、自然言語処理技術やニューラル機械翻訳の基礎からLLMの仕組みまでを概観します。また、LLMの翻訳への利用事例を紹介しながら、翻訳におけるプロンプトエンジニアリング

第7回自動翻訳シンポジウムに出展いたします。

株式会社アスカコーポレーション(以下、ASCA)は、令和6年(2024年)2月22日(木)に品川インターシティホールにて開催される第7回自動翻訳シンポジウムに「医学・医薬特化型AI翻訳プラットフォーム “AIKO SciLingual”」というタイトルで出展いたします 皆様にASCAブースにお越しいただけることを心よりお待ちしております。 開催日時:2024年2月22日(木) 12:45-17:00 開催場所:品川インターシティホール(〒108-0075 東京都港区港南2

【1/23(火)】医薬業界にChatGPT翻訳は有用か?【アンコール講演】

生成AIの一つであるChatGPTが翻訳業界でも注目されています。一方、医薬業界では、専門用語やさまざまな規制の理解を含む精度が求められ、「ChatGPTでは高精度の翻訳が難しいのではないか」という意見もあります。 本セミナーでは、『ChatGPT翻訳術』著者の山田優教授を迎え、ChatGPTが翻訳業務にどのような影響を与え、貢献できるのかを解説。ChatGPTの活用について迷っている方にお勧めです。 ※本講演は2023年10月24日(水)に開催したWebinarの録画講演に

2023年AAMT年次大会で探った“機械翻訳”の今と未来

11月29日、東京のAP虎ノ門とオンラインで「AAMT 2023, Tokyo ~機械翻訳の今と未来を探る~」が開催された。機械翻訳の精度の向上に加え、生成AIの登場は仕事に影響を与えるのか?という問いに対して、多くの熱い議論が飛びかった。 招待講演として、「LLMをめぐる諸課題」というタイトルで、国立情報学研究所 所長/京都大学 特定教授の黒橋禎夫先生が、世界と日本の様々な生成AIの進歩と取り組みについてわかりやすく紹介下さった。 奈良先端科学技術大学院大学教授である中村

【Webinar】大規模言語モデルの仕組みと翻訳新時代【12月13日(水) 】

大規模言語モデル(LLM)の登場は多くの業界に衝撃を与えました。LLMによって翻訳作業をすることもできますが、現状のLLMは完璧ではありません。LLMの仕組みや特徴を知ることは、AIを上手に活用しながら共存していくための第一歩です。 本Webinarでは、東京工業大学理工学院教授、言語処理学会理事の岡崎直観氏を迎え、自然言語処理技術やニューラル機械翻訳の基礎からLLMの仕組みまでを概観します。また、LLMの翻訳への利用事例を紹介しながら、翻訳におけるプロンプトエンジニアリング

ChatGPTとAI翻訳の訳文はどこまで違う?【医薬業界にChatGPT翻訳は有用か?】

10月24日(火)に開催しましたAIKO SciLingual Webinar「医薬業界にChatGPT翻訳は有用か?」の中でも紹介させていただきましたChatGPTとAI翻訳の訳文の比較について、本記事でも改めてご紹介させていただきます。 治験実施計画書を翻訳してみる今回は、clinicaltrials.govから公開されている文章を引用し、各AI翻訳とChatGPTに翻訳させて、比較してみようと思います。 従来のAI翻訳・機械翻訳で翻訳してみる 上記の例文を、それぞ

これまでのAI翻訳Webinarのまとめ

これまで株式会社アスカコーポレーション(以下、ASCA)が開催しましたAI翻訳関連のWebinarについて下記にまとめました。 ASCAは、これからもAI翻訳関係のWebinarを開催してまいります! 各Webinarの内容についてのお問合せもお待ちしております。 ASCA Informational Translation Technology (AITT) 第1回MTセミナー 「AIを使った治験実施計画書(プロトコール)の翻訳」日時:7月7日(水)14:00-14:4