見出し画像

【終了しました】はやぶさ2がふれた小惑星リュウグウの最初の秘密 (第25回Science Café)

ご講演後記

圦本先生の惑星への探究心に感動させられました。「リュウグウの秘密」に今後さらなる発見が加わることが楽しみです。            -Science Japan Office-

Science Café のご案内

Science Café はScienceまたは姉妹誌に研究論文等投稿が掲載された日本の研究者の方にZoom Webinarによるライブ配信にて講演して頂くイベントです。

研究内容の解説に加え、研究にまつわるエピソード、社会に与える影響や提言を交えてお話して頂きます。Q&Aセッションも設けております。参加は無料です。

ゆりもと 先生

日  時:2022年10月26日(水)14:00~14:40(予定)
タイトル:はやぶさ2がふれた小惑星リュウグウの最初の秘密
演  者:圦本尚義(ユリモトヒサヨシ) 先生
北海道大学大学院理学研究院教授

写真提供:北海道大学 創成研究機構


第25回Science Café概要

2020年12月に探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星リュウグウの試料は、翌年から初期分析が始まり、その最初の成果が今年の6月に発表されました。はやぶさ2の打ち上げ段階から予想されていた通り、リュウグウは地球に落下する炭素質隕石のふるさと天体の一つでした。驚くことに、リュウグウは最も希少(全隕石7万個のうち9個)な隕石であるイブナ型でできていたのです。イブナ型隕石はその希少性にも関わらず、太陽系の化学を代表する標準物質として研究者に珍重されてきました。そして今回分析した結果、リュウグウ試料は、どのイブナ型隕石よりも化学的始原性を有しており、一番の標準物質であることがわかり始めました。今までの知識が新しい知識に変わっていく最先端の惑星科学の状況を共有してみませんか。

掲載号:Science 2022年6月9日号

“Samples returned from the asteroid Ryugu are similar to Ivuna-type carbonaceous meteorites”
SCIENCE • 9 Jun 2022 • DOI:10.1126/science.abn7850

お申込み

以下のURLよりお申込みください。

https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_EVcZXg31QiSGjCxcuWRJSg

ご登録いただく際、名、姓の順での記載となっておりますのでご注意下さい。また、確認メールにおいて敬称が省略される場合がありますことを予めご了承ください。
*定員になり次第、締め切りよりも前に締め切る場合がございますので、予めご了承ください。

お問合せ先
Science Japan Office 担当:ランベッリ律恵
E-mail: science_cafe_japan@asca-co.com

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!