見出し画像

SCIENCE CUSTOM PUBLISHING チームが配信する最新コンテンツ

Webinar、Advertorialなどの事例をご紹介します。無料ですので気軽にご登録の上、ご参加、またはご覧ください。

https://www.science.org/custom-publishing

コンテンツの日本語はあくまでも参考で、正確な情報は英語原文で確認ください。


WEBINAR

18 JUL 2024
Standing out in the storm: Caregiving in rare disease
(嵐の中で輝く:希少疾患の介護)

「すべての英雄がマントを着ているわけではない」という表現を考えた人は、おそらく介護者のことを念頭に置いていたのでしょう。希少疾患を持つ人の介護は、多くの困難を伴い、医療的、感情的、実務的なニーズに対応する多面的なアプローチが求められます。このWebinarでは、介護者が希少疾患の介護の複雑さを乗り越えるための貴重な知識と戦略を提供し、効果的なサポートを行いながら自身の健康も維持できるよう支援します。
パネルディスカッションでは、介護者、科学者、政策専門家が集まり、研究や個人的な成功体験に基づいた洞察と実践的なアドバイスを共有します。参加者は、介護者が直面する課題について深く理解し、介護スキルとレジリエンスを向上させるための実践的な戦略を学ぶことができます。
Sponsored by FONDATION IPSEN

詳細、申し込みは以下をご確認ください。

https://www.science.org/content/webinar/standing-out-storm-caregiving-rare-disease


SPONSORED FEATURE (Advertorial)

5 JUL 2024
Changing the global biotechnology landscape, starting with Hong Kong
(香港から始まる、世界のバイオテクノロジーの変革)

世界のバイオテクノロジー市場は、2024年の1兆ドルから2029年には2.5兆ドルに成長すると予測されています。アジアでは、2024年の487億5,000万ドルから2029年には786億9,000万ドルに成長する見込みです。この急成長するアジアのバイオテクノロジー市場には、協力の拠点が必要です。そこで誕生したのがBIOHKです。主催者は香港バイオテクノロジー協会の会長であり、BIOHK2024のプレジデントであるアルバート・チョン・ホイ・ユー氏が、今年のコンベンション(9月11~14日)に先立ち、いくつかの考えを共有します。

詳しくは以下のページでご覧ください。

https://www.science.org/content/article/changing-global-biotechnology-landscape-starting-hong-kong

This article has been commissioned by the sponsor and produced by the Science/AAAS Custom Publishing Office.


POSTER

2 DEC 2022
Shedding a new light on ultrastructure
(超微細構造に新たな光を当てる)

最初の顕微鏡が開発されてから400年、細胞や組織の構成を2次元画像から理解しようとする試みが続けられてきました。2次元顕微鏡の進歩により、ますます細かい生物学的詳細が明らかになりましたが、細胞構造を真に理解するためには、3次元でのイメージングが不可欠です。光学顕微鏡の進歩により、連続した組織切片の手動3D再構築から、共焦点顕微鏡、多光子顕微鏡、超解像顕微鏡などの最新技術に至り、驚異的な3Dレンダリングが可能となりました。しかし、最も進んだ光学顕微鏡技術でさえ、電子顕微鏡(EM)が持つ超微細構造レベルでの細胞詳細の解明能力には及びません。このポスターが示すように、ボリュームEMと総称される改良された走査型EMの方法は、細かい超微細構造の詳細と正確かつ自動的な3D再構築を組み合わせた、長年望まれていた技術を生物学者に提供します。これらの最新技術をより多くの生物学者が利用できるようにすることで、生命の複雑さを3Dの栄光の中で理解することが期待されます。

Sponsored by ZEISS


PODCAST

14 JUN 2024 2:00 PM ET
Navigating the waters of immunotherapy
(免疫療法の航海を進む)

Science Custom Publishing部門の副編集長であるジャッキー・オーバーストが、マウントサイナイ医科大学のミリアム・メラッド博士とブライアン・ブラウン博士と共に、免疫学の変革的な世界を探ります。免疫システムが主要な人間の病気に与える革命的な影響と、免疫療法の進展が医療をどのように再構築しているかについての議論が繰り広げられるはずです。
メラッド博士とブラウン博士は、がん治療における免疫療法の画期的な例を共有し、研究者と臨床医の協力がイノベーションを推進し、患者の成果を向上させる重要性を強調します。さらに、マウントサイナイ医科大学が免疫療法の研究と応用を進めるために取っている積極的なステップについても紹介し、急速に進化する免疫療法分野における倫理的考慮事項、特に患者の安全性と治療のアクセス性についても議論。最後に、メラッド博士とブラウン博士は、今後10年間で医療を革命化する可能性のある最も有望な免疫療法研究分野について展望を語ります。
Sponsored by ICAHN SCHOOL OF MEDICINE AT MOUNT SINAI

詳細と申し込みは、

https://www.science.org/content/webinar/navigating-waters-immunotherapy


WEBINAR

10 JUL 2024 12:00 PM ET
Understanding gut immunity: Exploring host–microbe interactions and therapeutic strategies
(腸免疫の理解:宿主と微生物の相互作用と治療戦略の探求)

腸は単なる消化器官ではなく、免疫活動の中心です。免疫システムの約70%は腸関連リンパ組織(GALT)に存在し、ここで腸内微生物群と免疫細胞が絶えず相互作用し、健康維持に不可欠な動的かつ複雑な免疫応答を形成しています。腸と免疫の関係を理解することで、病気の治療や予防の新たな道が開かれます。腸内細菌叢を標的とした治療法、例えば糞便微生物移植(FMT)や微生物調節薬は、クロストリジウム・ディフィシル感染症、過敏性腸症候群、さらには特定のがんの治療に有望です。
腸内には数百種類の微生物が存在し、個人ごとに大きく異なるため、研究者や臨床医が腸と免疫システムの相互作用を助ける菌株を特定するのは困難です。方法としては、糞便移植や単一菌株での動物コロニー化が含まれます。後者の方法では、免疫細胞を調節する能力を持つ菌株が特定されましたが、コミュニティ内の他の菌種と協調して機能する場合の違いは考慮されていません。
最近では、ヒト腸内コミュニティの合成モデルが作成され、腸内微生物群の機能をin vivoで研究しています。最近の発見では、特定の微生物を認識する1つのT細胞ではなく、多くの菌株に共通する抗原を認識する小グループのT細胞が存在することが示されました。この発見は、微生物群特異的なT細胞応答を操作することで、腸の免疫反応を寛容または炎症に向けて調整する治療の可能性を開きます。
Sponsored by NOSTER

詳細、お申し込みは以下のサイトでご確認ください。
https://www.science.org/content/webinar/understanding-gut-immunity-exploring-host-microbe-interactions-and-therapeutic


Science Custom Publishingチームは、Webinar、Podcast、Posterなど、お客様の希望に沿ったテーマでコンテンツを作成します。気軽にお問い合わせください。

https://www.asca-co.com/business/science.html
https://note.asca-co.com/n/nf6c9e8df95e9?magazine_key=m078ac111911e

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!